関西ペ:日特塗株を政策投資で約8%保有-市場内で150万株(2)

塗料大手の関西ペイントが、同業 の日本特殊塗料株を取得し、発行済み株式総数の7.91%まで保有して いたことが大量保有報告書で判明した。

関西ペが19日、近畿財務局に提出した同報告書の最近60日間の 取得状況によると、関西ペは日特塗の株式を報告義務発生日の16日に 150万株(保有割合6.35%、1株281円)を市場内取引で取得。その 結果、合計186万7750株を保有し、発行済み株式総数に対する比率は

7.91%になった。保有目的は「政策投資」と説明している。

関西ペ経営企画室の山瀬直氏は、「TosTNeT(東京証券取 引所の立会外取引)経由によって買い付けた。市場で株価が買いやす い水準だったので投資した」と話した。

一方、同日付の大量保有報告書で、米系投資ファンドのスティー ル・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショ ア)が保有していた日特塗の株式を一部売却し、保有比率を従来の

13.38%から4.07%まで大幅に引き下げたことが明らかになった。

同報告書によると、スティールは直近60日間で30回以上の注文 を入れ、頻繁に日特塗株を売却。16日にはTosTNeT経由で150 万株(保有比率6.35%、1株281円)を処分した。

日特塗の株価終値は前日比16円(5.9%)高の289円、関西ペは 同3円(0.7%)高の466円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE