オーストラリア上院:中国企業の対豪投資で審議も-早ければ来週

オーストラリア上院は中国国有企業による 対豪投資に関して、来週にも審議を行う可能性がある。中国国有アルミニウム 企業、チャイナルコは豪英系鉱山会社リオ・ティントに出資する。

野党・国民党のバーナビー・ジョイス上院議員は電話インタビューで、「わ が国で最大の富を生み出す資源に他国が出資することに対し、経済面から質問 する。海外からの投資への偏狭さを示すものではなく、豪州の資源の所有権が 他国に移るという問題についてだ」と述べた。

チャイナルコは先週、リオの転換社債(CB)72億ドルを買い入れ、リオ のプロジェクトの権益を123億ドルで取得することに合意した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE