1月の全国百貨店売上高、前年比で9.1%減-11カ月連続減

1月の全国百貨店売上高は前年比で

9.1%減となった。景気停滞色が強まる中で消費者の買い控え傾向が強ま り、売り上げの減少が際立っている。

日本百貨店協会が19日発表した1月の全国百貨店売上高(既存店 分)は6132億円(前年同月は6733億円)に減った。前年比マイナスは 11カ月連続。

全体の4割超を占める衣料品の落ち込みが引き続き大きい。食料品 の売り上げもさえない。百貨店売上高は2008年にコンビニエンスストア 売上高に抜かれており、09年も不調なスタートになった。1月のコンビ ニ売上高の発表は20日。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE