NY原油時間外:小動き、34ドル台-APIの原油在庫増で需要減懸念

ニューヨーク原油先物相場はアジア 時間19日の取引で小動き。前日の通常取引は、燃料需要が減退する中で 米石油協会(API)が発表した先週の原油在庫で増加が示されたこと を嫌気して続落した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシンガ ポール時間午前9時37分(日本時間午前10時37分)現在、1セント高 の34.63ドルで推移している。18日の通常取引は31セント(0.9%)安 の34.62ドルで引けた。原油先物価格は年初来で22%下落している。

APIが18日発表した先週の原油在庫は160万バレル増加し3億 4580万バレルとなった。APIによると、1月の原油需要は3.1%下落 し日量平均1950万バレル。19日に米エネルギー省が発表される先週の 原油在庫も増加が予想されている。

ニューエッジ・グループの商品デリバティブ営業部課長の長谷川健 氏(東京在勤)は、石油生産の総需要は減少しており、回復する兆しが ないと指摘、買いの積極的な材料がまだないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE