中国のサンテック・パワー:10-12月期は赤字-評価損響く

中国最大の太陽電池メーカー、サン テック・パワー・ホールディングスが18日発表した2008年10-12月(第 4四半期)決算は赤字だった。在庫と企業2社への出資に関連した評価 損が響いた。

発表文によると、純損益は6590万ドル(1ADR=米国預託証券= 当たり42セント)の赤字。前年同期は5060万ドル(同29セント)の黒 字だった。ブルームバーグがアナリスト7人を対象にまとめた予想平均 では、1ADR当たりの損益は37セントの赤字になるとみられていた。 売上高は前年同期比4.3%増の4億1440万ドル。

サンテックは、太陽電池の原材料の中で最も高コストなシリコーン の価格が急低下したのを受け、在庫の資産価値を2億3190万ドルに

6.5%減額。粗利益率の低下を招いた。同社はまた、ロシアのポリシリコ ーンメーカー、ニトル・ソーラーと米ホク・サイエンティフィック傘下 ホク・マテリアルズへの出資に関する評価損を計上した。

サンテックの18日ADR終値は前日比2.1%安の8.95ドル。過去 1年間の騰落率はマイナス81%。

-- Editor: Joe Link, Richard Stubbe

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Christopher Martin in New York at +1-212-617-5198 or cmartin11@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Banker in New York at +1-212-617-2313 or bbanker@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE