今仙電株が2カ月ぶり高値、名証制度利用で1.18%の自社株買い実施

独立系自動車部品メーカーの今仙 電機製作所の株価が一時、前日比16%高の565円と2カ月ぶりの高値 水準を回復。19日に名古屋証券取引所の自己株式の立会外買付制度を 活用し、自己株取得を行うと前日発表、資本効率の上昇や株式需給環境 の好転を見込んだ買いが優勢となった。取得上限は発行済株式総数の

1.18%に相当する21万株、18日終値485円で行い、結果はきょうの 取引終了後に公表する。1月末時点の自己株式数は4531株。直近四半 期末の実績1株純資産(BPS)は1499円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE