東電:10年度の採用、前年度比300人増の1100人-発電所新設などで

東京電力は18日、2010年度の採人 数を前年度の800人から300人増やし1100人にすると発表した。東電で 1000人以上を採用するは1998年度の1180人以来となる。

新規発電所の建設・運転、保守などで人員が必要となり、同社広報 の森嘉紀氏は、「東通原子力発電所2号機(青森県東通村)の準備工事な どのため、土木建築部門で人員拡充が必要となった」と説明した。

採用の内訳は大卒事務90人、技術285人、高卒事務170人、技術 380人など。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE