エフィッシモ:日産車体株の保有目的を変更-重要提案の可能性を示唆

高坂卓志氏が取締役を務める投資顧 問のエフィッシモ・キャピタル・マネジメント(シンガポール)が大量 保有する日産車体株式の保有目的を変更したことが明らかになった。

エフィッシモが18日、関東財務局に提出した変更報告書(大量保有 報告書)によると、日産車体株の保有比率を従来の14.44%から14.46% に引き上げたうえで、保有目的を「状況に応じて経営陣に助言」に変え、 重要提案を行う可能性を示唆した。従来の目的だった「純投資」は削除 した。日産車体広報担当の田坂和子氏はブルームバーグ・ニュースの取 材に対し、「今のところ先方から提案はない」と述べた。

ブルームバーグ・プロフェッショナルの保有機関検索(PHDC) 機能で大株主動向を見ると、エフィッシモは日産車体の第2位株主。

日産車体の株価終値は前日比4円(0.7%)高の561円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE