仏ソシエテG10-12月期:純利益8700万ユーロ-国内小口部門好調

フランスの銀行3位ソシエテ・ジ ェネラルが18日発表した2008年10-12月(第4四半期)決算は、純 損益が8700万ユーロの黒字を確保した。国内の消費者向け金融部門の 利益が好調で、国外のリテール(小口金融)部門や資産運用部門の損失 をカバーした。前年同期は33億5000万ユーロの赤字だった。

ブルームバーグがまとえめたアナリスト予想平均では、1億900 万ユーロの黒字が見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE