NY原油時間外:小動き、35ドル近辺-先週の米原油在庫は増加か

ニューヨーク原油先物相場はアジ ア時間18日の取引で小動き。世界的なリセッション(景気後退)深刻 化で需要が減退している中で、先週の米原油在庫は増加したと予想され ている。増加ならば過去21週中19回目。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限はシンガ ポール時間午前9時31分(日本時間午前10時31分)現在、3セント 高の34.96ドルで推移している。17日の通常取引は2.58ドル (6.9%)安の34.93ドルで引けた。下げ幅は1月27日以来最大。原 油先物価格は年初来で22%下落している。

米エネルギー省による在庫統計発表を前にアナリス11人を対象に 実施した調査中央値によると、先週の原油在庫は320万バレル増加し たようだ。17日のロイター/ジェフリーズCRB指数は203.25に下落 し、2002年6月21日以来の安値を付けた。年初来では11%下落。

コモンウェルス銀行(シドニー)の商品ストラテジスト、デービッ ド・ムーア氏は「消費が弱いので大部分の在庫が積み上がっている。原 油だけではなく、金属など他の商品相場も下げている。国際経済のネガ ティブな環境だけに目が向いている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE