米GMとクライスラー:必要な追加支援は最大で計216億ドルの公算

米自動車大手のゼネラル・モーター ズ(GM)とクライスラーは17日、最大で計216億ドル(約1兆9950 億円)の追加支援が必要になることを明らかにした。両社が既に受けた 公的融資の2倍以上。

GMは最大91億ドルの追加融資が必要だと発表。経済情勢が悪化す れば、その規模は最大166億ドルになるとの見通しを明らかにした。同 社は昨年12月以降これまでに計134億ドルの融資を受けている。

既に40億ドルの融資を受けているクライスラーは、3月31日まで に50億ドルの追加融資が必要になると発表した。同社はまた、昨年末ま でに削減した従業員3万2000人に加え、さらに3000人の人員整理が必 要になることを明らかにした。

GMはまた、最大1000億ドルの負担を伴う3つの破たんシナリオを 検証したと指摘。3シナリオすべてが公的支援を受ける選択肢に比べて 望ましいものではなかったと説明した。同社はさらに2012年までに米工 場5カ所を追加閉鎖するとともに、09年末までに世界全体で4万7000 人の従業員を削減する計画を明らかにした。

GMとクライスラーは17日、これまでに受けた計174億ドルの融資 の条件となっていた経営再建計画の提出を期限通り完了した。両社が3 月31日までに黒字転換に向けた計画を明らかにできない場合、米財務省 は融資資金を回収することができる。

この日は、全米自動車労組(UAW)が米労働協約の修正案でGM、 クライスラー、フォード・モーターの3社と暫定合意に達したと発表し たことが、自動車業界の追い風となった。

GMはまた乗用車部門「サターン」について、2011年までにブラン ドを売却できなければ、生産を停止すると発表した。

GM株下落

ホワイトハウスのギブズ報道官は両社の計画提出前に、破たん手続 きを通じて両社を再建する措置が取られる可能性を否定することはでき ないと表明。自動車業界は米経済にとって「非常に重要」だとの考えを 付け加えた。

GMの17日株価終値は前営業日比32セント(13%)安の2.18ドル。 ニューヨーク時間午後4時51分現在の時間外取引では2.10ドルと、終 値に比べ3.7%下落している。クライスラーはプライベートエクイティ (未公開株、PE)投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメント傘 下。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE