【米個別株】シティ、アメックス、GM、ウォルマート、資源株

17日の主な銘柄は以下の通り。

金融株:米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、 東欧向け融資を理由に欧州の一部大手銀行を格下げする可能性を示した ことから、金融株が軒並み急落した。シティグループ(C US)は12% 安の3.06ドル。バンク・オブ・アメリカ(BAC US)は12%安の4.90 ドル。JPモルガン・チェース(JPM US)は12%安の21.65ドル。

モーゲージ保険株:ムーディーズはモーゲージ保険会社6社を格下 げした。MGICインベストメント(MTG US)は25%安の2.58ドル。 PMIグループ(PMI US)は24%安の1.18ドル。

金属・エネルギー関連株:商品相場が2002年6月以来の水準に下 落したことが嫌気され、金属株やエネルギー関連株が売られた。2月の ニューヨーク連銀製造業景況指数は過去最低を記録し、日本の08年10 -12月(第4四半期)実質国内総生産(GDP)は前期比年率12.7% 減と、1974年以来最大の落ち込みを記録した。アルコア(AA US)は

9.8%安の6.75ドル。シェブロン(CVX US)は5.1%安の66.18ド ル。エクソンモービル(XOM US)は4.4%安の71.28ドル。

アメリカン・エキスプレス(AXP US):11%安の13.96ドルと、 1996年11月以来の安値。クレジットカード会社で米最大手のアメリカ ン・エキスプレス(アメックス)は、ローンのデフォルト(債務不履行) と返済遅延が1月に悪化したことを明らかにした。

ゼネラル・モーターズ(GM):13%安の2.18ドルと、ダウ工業 株30種平均構成銘柄で最大の下げを演じた。米自動車メーカー大手の GMとクライスラーは、17日に提出期限を迎える経営再建計画の中で、 業績回復に向けて米政府の追加支援の必要性を訴える見通し。計画に詳 しい複数の関係者によると、GMは景気悪化を理由に、昨年12月2日 に要請した180億ドルを超える追加支援を求める可能性がある。

ウォルマート・ストアーズ(WMT US):3.7%高の48.24ドル。小 売り最大手のウォルマートの2008年11月-09年1月(第4四半期) 決算は、利益が減少したものの、減益率はアナリスト予想よりも小幅だ った。食料品や医薬品の値下げ策が集客につながった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE