日本国債の保証コスト上昇、円下落を示唆か-三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行によると、日本 国債の保証コストの上昇は、円相場の下落見通しを裏付けている可能性 がある。

同行の為替エコノミスト、リー・ハードマン氏(ロンドン在勤)は 17日付の顧客向けリポートで、日本国債について「このところ相対的な 信用リスクの悪化が続いていることは、ドルの対円相場に上振れリスク があることを裏付けている可能性がある」と指摘。「主要各国中銀の政 策金利が軒並みゼロに向かう状況では、金利格差など従来の為替決定要 因の重要度が低下する。主要通貨間の為替相場にとって、国債の信用リ スクの格差が材料となる傾向が強まるだろう」との見通しを示した。

17日のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、日 本国債の保証コスト(CDSスプレッド)が初めて100ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)を上回った。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Kim-Mai Cutler in London at +44-20-7673-2805 or kcutler@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE