2月17日の海外株式・債券・為替市場(3)

(米国株を最新版に差し替えます)

○米国株:米株式相場は下落。3カ月ぶり安値を付けた。この日は世界的に も株式相場は下落した。朝方ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製 造業景況指数は統計開始以来の最低を記録、政府の景気対策はリセッション (景気後退)の深刻化を食い止めるには不十分との懸念が広がった。

銀行大手バンク・オブ・アメリカ(BOA)やシティグループ、JPモ ルガン・チェースはいずれも大幅下落。石油のエクソンモービルはS&P 500種株価指数採用銘柄のなかで、値下がり率最大だった。ニューヨークの 原油先物相場の大幅安が手掛かりだった。

自動車のゼネラル・モーターズ(GM)も下落。同社は生き残りをかけ て政府に追加支援を訴えている。欧州やアジアの株式市場では、格下げや評 価損追加計上の懸念から銀行株が特に売られた。

S&P500種株価指数は前営業日比4.6%安の789.17。11月以来で初め て800を割り込んだ。一方、ダウ工業株30種平均は297.81ドル(3.8%) 安の7552.60ドルで終了。ラッセル2000指数は4.3%安だった。前日の米 金融市場はプレジデンツデーの祝日で終日休場だった。

ワサチ・アドバイザーズのポートフォリオ・マネジャー、マイク・シニ ック氏は「誰が大統領になろうとも、何にどのくらいの資金を投じようとも、 今の状況を抜け出し、経済を正常化させるには長くかつ痛みを伴う過程を経 る必要があるとの見方が広がっている」と語った。

ニューヨーク連銀指数

S&P500種の産業別10指数はいずれも下落。ニューヨーク連銀が発 表した2月の同地区の製造業景況指数はマイナス34.7と、2001年の統計開 始以来で最低だった。前月はマイナス22.2。同指数ではゼロが景況の拡大 と縮小の境目を示す。

オバマ大統領は17日、減税や政府支出が盛り込まれている7870億ドル の景気対策法案に署名した。

昨年10-12月期の日本の国内総生産(GDP)1次速報値は前期比年 率12.7%減と、第1次石油危機直後の1974年以来、約34年ぶりの大幅な 減少率となった。英産業連盟(CBI)によると、英国のGDPは今年、

3.3%のマイナス成長が見込まれている。

ハリス・プライベート・バンクのジャック・エイブリン最高投資責任者 (CIO)は、「市場は日本のGDPの大幅な落ち込みに反応している。こ れが週明けにかけての大きな材料だった」と語った。

KBW銀行指数は10%下落、終値ベースで1992年11月以来の安値ま で落ち込んだ。指数を構成する24社いずれも2.3%以上の値下がりだった。

エクソン、GM

エクソンは11月以来の安値。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の 原油先物3月限は前営業日比2.58ドル(6.88%)急落し、1バレル=34.93 ドルで終えた。昨年7月には最高値の145.29ドルを記録した。

GMは13%安。ダウ工業株30種平均銘柄の中で下落率最大だった。政 府支援に頼るGMとクライスラーは17日に提出する米財務省あての経営再 建計画で、追加支援の必要性を訴える。

ブルームバーグのデータによると、1月12日以降に発表されたS&P 500種採用企業372社の四半期決算は平均33%の減益だった。

○米国債:米国債相場は大幅上昇。10年債利回りは3週間ぶりの水準に低 下した。東欧経済の悪化で欧州の銀行損失がさらに膨らみ、世界的にリセッ ション(景気後退)が一段と深まるとの見方が広がり、逃避先として米国債 が買いを集めた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは東欧の景気悪 化に伴い、同地域で子会社を通じて事業を展開するオーストリアやスウェー デンなどの銀行の格付けを引き下げる可能性に言及。これを嫌気して世界的 に株価と商品相場が急落したため、30年債利回りは2カ月ぶりの大幅下落 となった。

米財務省が発表した統計によると、外国の政府と投資家が保有する米長 期金融資産額はエコノミスト予想を上回る買い越しだった。オバマ大統領は この日、7870億ドルの景気対策法案に署名した。

キャンター・フィッツジェラルド(ニューヨーク)の金利責任者、ブラ イアン・エドモンズ氏は「投資家は資金を比較的低金利の商品に置いて状況 を見極めようとしている」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時間午後 4時37分現在、10年債利回りは前営業日比24ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01ポイント)下げて2.65%。一時は1月28日以来の最低となる

2.63%を付けた。同国債(表面利率2.75%、2019年2月償還)価格は2 3/32急伸し100 27/32。

2年債利回りは11bp下げて0.85%。一時は1月28日以来で最低の

0.84%まで下げた。30年債利回りは21bp低下して3.48%。低下幅は昨年 12月16日以来の最大となった。

「恐怖心が主導」

米国株式市場ではS&P500種株価指数が4.6%急落。欧州でも主要株 価指数が軒並み下げ、MSCI世界指数は6営業日連続安となり、この日は

4.1%下落した。エネルギーや銅などの非鉄金属が売られ、商品価格指数が 2002年6月以来の安値に沈んだ一方、金は7カ月ぶり高値に上昇。スイ ス・フランも対ユーロで上昇した。

ブラックロック・アドバイザーズの米債担当共同責任者スチュアート・ スポデック氏(ニューヨーク在勤)は、「恐怖心に動かされた質への逃避で あることに間違いはない」と述べた。

10年債が2年債よりも大きく上昇したため、利回り格差は14bp縮小 し、1月28日の1.77%以来で最小の1.79%となった。

ジェフリーズの政府債マネジングディレクター、トム・ディガロマ氏は、 「リセッションがどこまで悪化し、それがこの先の株価にどう影響するのか、 市場は不安に思っている。銀行などの金融機関への圧力が高まっている」と 述べた。

ガイトナー長官への圧力

週末にローマで開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、 ガイトナー米財務長官に銀行システム救済に向けた取り組み強化を求め、米 国の投資家や議会の訴えを後押しする格好となった。

RBSグリニッチ・キャピタル(コネティカット州グリニッチ)の金利 ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は財務省の救済措置について、「問 題はその内容と銀行貸出に与える影響がなお非常に不透明なことだ」と述べ た。

米財務省が17日に発表した統計によると、外国の政府と投資家が保有 する米長期金融資産額は2008年12月に348億ドルの買い越しと、ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値(同200億ドル)を上 回った。前月は256億ドル売り越し(速報値217億ドルの売り越し)だった。

国別でみると、中国の米国債(短期債含む)保有額は6962億ドル(前 月6819億ドル)で最大。一方、日本は12月に5783億ドル(前月5775億ド ル)で2位だった。

○NY外為:ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで下落。昨年 12月初め以降で初めて1ユーロ=1.26ドルを割り込んだ。米格付け会社ム ーディーズ・インベスターズ・サービスが東欧に子会社を置く銀行数行の格 付けを引き下げる可能性があると発表、欧州の金融危機が深まるとの警戒感 が広がった。

一方、ドルと円は大半の主要通貨に対して上昇。株価の下落を受けて逃 避先としての需要が強まった。ポーランド・ズロチは対ユーロ最安値付近で 取引された。同国の副首相がズロチの下落は危険を伴うと発言したことがき っかけ。

UBSの通貨ストラテジスト、ブライアン・キム氏(コネティカット州 スタンフォード在勤)は「ムーディーズの発表により、東欧をめぐる懸念が 蒸し返された。東欧の経済悪化は明らかにユーロを圧迫している」と指摘。 「銀行システムはリスクにさらされており、ユーロにとって弱材料が増えて いる」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時01分現在、ユーロはドルに対して1.5%下 げ、1ユーロ=1.2606ドル(前日は1.2801ドル)。一時は1ユーロ=

1.2563ドルと、昨年12月4日以来の安値を付けた。UBSは、ユーロが向 こう3カ月間で1ユーロ=1.25ドルの水準で取引されるとみている。

この日のユーロは対円では1.0%下げ、116円33銭(前日は117円46 銭)。ドルは対円で0.6%上昇し、1ドル=92円30銭(前日は91円73 銭)。一時は1月8日以来の高値となる92円75銭に達した。

円はスウェーデン・クローナに対して一時は2.9%上昇し、1クローナ =10円44銭と、1月21日以来の最高値を付けた。また、南アフリカ・ラン ドに対しても2.2%高い1ランド=8円95銭で取引された。株安を背景に、 日本の投資家による資金の本国還流が進むとの見方が広がった。

ドルは韓国ウォンに対して一時2.3%上げ、昨年12月8日以来の最高 値を付けた。また、対ブラジル・レアルでも2.6%上昇した。逃避先として 米国債への需要が増したことが背景。

ドル指数

主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は87.864に上昇。 昨年11月21日以来最高に達した。同指数は年初来で8.1%上昇している。

米財務省が17日に発表した統計によると、外国の政府と投資家が保有 する米長期金融資産額は2008年12月に348億ドルの買い越しとなった。前 月は256億ドル売り越し(速報値は217億ドルの売り越し)だった。

小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズ(アーカンソー州)が17 日発表した2008年11月-09年1月(第4四半期)決算は、ドルが他通貨 に対して上昇したことを背景に海外売上高が8.4%減少した。

シティグループのテクニカルアナリスト、トム・フィッツパトリック氏 (ニューヨーク在勤)とシャム・デバニ氏(ロンドン在勤)は17日発行さ れたレポートで、1ユーロ=1.2549を割り込めば、ユーロは「さらに下落 する可能性が高い」と述べた。

東欧の経済悪化

ムーディーズは17日に発表したリポートで、オーストリアのライファ イゼン国際銀行ホールディングやスウェーデンのスウェドバンクといった金 融機関の子会社が中心の東欧の銀行は、「格下げの圧力」にさらされる公算 が大きく、それが親会社にも影響する恐れがあると指摘した。

ポーランド・ズロチは対ユーロで一時1.8%下げ、2004年3月に付けた 最安値に接近した。また、ハンガリー・フォリントは対ユーロで1.7%下げ、 最安値を付けた。

ポーランドの副首相はラジオZETとのインタビューで、ズロチの下落 は「極めて危険」とし、同通貨を支えるために政府は「あらゆる方策を取 る」と発言した。同副首相によると、内閣は17日、ズロチの下落について 協議する予定。

モントリオールに本社を置く為替ファンド、フィヨルド・キャピタルの ローラン・デボワ社長は「欧州では金融危機の深刻さを認識するのが遅かっ た」と指摘。「私はユーロに対して強気な見方はまったく持っていない」と 述べた。

ポンド堅調

英ポンドは対ユーロで1.3%上昇し、1ユーロ=88.45ペンス。英政府 統計局(ONS)が17日発表した1月の英消費者物価指数(HICP)が 前年同月比3%上昇(昨年12月は3.1%上昇)と、インフレ率の低下が予 想を下回り、英中銀による利下げペースが緩和されるとの観測につながった。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト31人を対象にした調査の中 央値では、1月の指数は前年同月比2.7%上昇が見込まれていた。英ポンド は対ドルで0.3%下げ、1ポンド=1.4252ドル。

フェデレーテッド・インベストメンツ(ピッツバーグ州)は、出荷コス トが年初来で2倍以上に膨らんでいる現状、ノルウェー・クローネ、オース トラリア・ドル、カナダ・ドルの買いの好機かもしれないと述べた。

フェデレーテッド・インベストメンツで30億ドル相当の運用に携わる イハブ・サリブ氏は、海上運賃が年初来で147%高騰しているのは、中国が 導入した5800億ドル規模の景気刺激策が今後、原料価格の押し上げにつな がる証拠だと指摘。

ノルウェー・クローネは17日、対ユーロで0.3%下げた。またカナ ダ・ドルは対ドルで1.7%下げ、1月22日以来の最安値を付けた。オースト ラリア・ドルは対ドルで2.3%下落した。

○英国債:英国債市場では10年債相場が上昇し、同利回りは前日比9ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.41%となった。

同国債(表面利率4.25%、2019年3月償還)は0.76ポイント上げ

109.25。

○欧州債:欧州債相場は続伸。米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスが東欧で子会社を保有する一部の銀行を格下げする可能性を指 摘したことが材料視された。また株式相場の下落を受けて国債需要が高まっ た。

ドイツ2年債利回りは1990年以来の低水準まで低下。世界的なリセッ ション(景気後退)深刻化が企業業績を圧迫するとの懸念から、MSCI世 界指数は6営業日連続で下落した。ユーロ圏の一部加盟国が債務借り換え問 題に直面していることへの懸念が強まり、こうした国とドイツ国債とのスプ レッド(利回り格差)はここ10年で最大の幅に拡大した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダの英金利商品開発責任者、ジョン・ワ イス氏(ロンドン在勤)は、「ムーディーズが一部銀行の格下げの可能性を 指摘したことをきっかけに、リスク回避の動きが戻り、欧州債相場は寄り付 きに大幅上昇した。軟調な株式相場からも投資家が神経質になっていること がうかがえる」と語った。

ロンドン時間午後4時15分現在、独2年債利回りは前日比7ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.16%。同国債(表面利率

2.25%、2010年12月償還)価格は0.13ポイント上げ101.93。10年債利回 りは6bp下げ2.97%と、先月16日以来の低水準となった。

独10年債に対するオーストリア10年債の上乗せ利回りは133bpと、 前日の120bp、1週間前の88bpから拡大した。過去10年の平均は15b pだった。独10年債とイタリア国債のスプレッドは一時163bpと、前日 の155bpから拡大した。

東京ニューズルーム  +81-3-3201-8900

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE