米自動車会社、破産通じた再建の可能性否定できず-大統領報道官

ホワイトハウスのギブズ報道官は 17日、経営悪化に苦しむ米自動車メーカーについて、破産を通じたリ ストラの可能性をオバマ政権は否定できないと述べた。また、自動車業 界は米経済にとって「非常に重要」だと強調した。

ギブズ報道官は、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)と 同3位クライスラーが再建計画を提出するまで、政府は今後の措置につ いて「早まった判断」はしないと語った。

同報道官は記者団に対し、「まだ詳細を見ていないこともあり、政 策の選択肢を前もって排除するつもりはない」と述べた上で、GMなど は「米製造業の基盤の大きな部分を占めており、米国が存続可能で力強 い自動車産業を持つことは将来にとって非常に重要だ」と指摘した。

政府融資を引き続き受けるため、GMとクライスラーは17日まで に、人員削減など再建計画の現状を政府に報告しなければならない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE