オバマ米大統領:景気対策法案に署名、雇用回復と経済成長を保証

オバマ米大統領は17日、7870億ド ル(約73兆円)の景気対策法案に署名した。景気対策の規模は米史上 最大級で、大統領は今回のリセッション(景気後退)で喪失した雇用の 一部を回復させ、将来の経済成長を保証するものだとしている。

オバマ大統領はこの日デンバーで景気対策法案に署名するにあたり、 「今日が経済問題を解決した日だと見せかけるつもりはない」が、「解決 に向かい始めた日として今日が記されることは確かだ。レイオフの渦中 にある米国民のため、雇用創出に必要な措置を実施する始まりとなる」 との見解を示した。

成立した景気対策法は減税と財政出動を組み合わせたもので、共和 党議員の多くは反対した。オバマ大統領は今回の対策について、悪化す る米景気の回復と約350万人の雇用の保持・創出につながると期待して おり、「米史上最も包括的な景気回復策」と位置づけている。

景気対策への支持を求めてコロラド州とアリゾナ州を2日間の日程 で遊説しているオバマ大統領は、景気対策法は第一歩だとしており、18 日には住宅差し押さえや不動産価値減少を抑えるための最大1000億ド ル規模の対策を発表する予定。また、17日にはゼネラル・モーターズ(G M)とクライスラーが経営再建計画の提出期限を迎える。

大統領はさらに、米経済がリセッションを脱却した後に、財政赤字 を是正する考えも表明。「回復への道のりは真っすぐにはいかない」が、 ウォール街も米政府も「新たな責任感を求められるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE