欧州株:下落、リセッション深刻化の懸念-銀行・自動車株に売り

欧州株式相場は下落。過去6営業 日で5日目の下げとなった。リセッション(景気後退)深刻化の兆候 が強まったことを受けて、銀行・自動車株中心に売られた。

銀行株では、スウェーデンのスウェドバンクとイタリアのウニク レディトが大幅安。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サー ビスが東欧で子会社を保有する銀行は格下げに直面する可能性がある と指摘したことがきっかけ。

独自動車メーカーのダイムラーは、2008年10-12月期損失がアナ リスト予想を上回ったことを嫌気され、3.8%下げた。

バークレイズ・ストックブローカーズのファンドマネジャー、ヘ ンク・ポッツ氏(ロンドン在勤)は「悪い内容の企業決算と経済デー タを受けて株式は売りを浴びた。金融危機の影響はさらに多くの国々 に波及しつつある」と語った。

ダウ欧州株価指数は前日比2.5%安の183.98と、先月23日以来の 安値で終了した。年初来では7.3%下げている。

17日の西欧市場では、18市場すべてで主要株価指数が下落した。 ダウ・ユーロ50種株価指数は前日比3.4%安、ダウ欧州50種株価指数 は2.4%下げた。

スウェドバンクは8.4%下げた。バルト諸国で2位の銀行、スカン ジナビスカ・エンスキルダバンケン(SEB)は16%急落した。

ポーランドやウクライナ、カザフスタン、ロシアで事業を展開す るウニクレディトは7.4%下落。ポーランド最大のぺカオは19%安。

スウェーデンやイタリア、オーストリア、フランス、ベルギー、 ドイツ、スウェーデンの銀行による対東欧融資は西欧の銀行全体の 84%に相当する。東欧経済の悪化を背景に国際通貨基金(IMF)は ラトビアやハンガリー、セルビア、ウクライナに緊急融資を行ってい る。

仏自動車メーカーのルノーは7.3%安。同業でイタリアのフィアッ トは6.7%下げた。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比100.62ポイント(2.4%)安の4034.13。 FTオールシェア指数は51.64ポイント(2.5%)下げ2028.96。

ドイツのDAX指数は150.04ポイント(3.4%)安の4216.60。H DAX指数は74.88ポイント(3.4%)下げ2105.91。

フランスのCAC40指数は86.99ポイント(2.9%)低下し

2875.23で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE