香港株(終了):ハンセン指数、約6週間で最大の下げ-HSBC安い

香港株式相場は下落し、ハンセン 指数が約6週間で最大の下げとなった。世界的なリセッション(景気後 退)深刻化の兆候が強まったことが背景。

中国の港湾運営大手、中国招商局国際(144 HK)は6.5%安。上 海証券報が、中国の港湾での輸送量が1月に減少したと報じたことが嫌 気された。中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は6.9%の下げ。金属価 格の下落に反応した。時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールデ ィングス(5 HK)は2.5%下落。CLSAアジア・パシフィック・マ ーケッツはHSBCについて、増資と減配が必要になる可能性があると 指摘した。

ベアリング・アセット・マネジメント(アジア)のストラテジス ト、キエム・ドゥ氏は「市場心理はまだ弱い」と指摘。「経済指標も世 界の貿易統計も弱い状況が続くだろう」と述べた。

ハンセン指数は前日比510.48ポイント(3.8%)安の12945.40 で終了。下落率は1月8日以来最大となった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は同4.9%安の7193.33。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE