新銀行東京:「ずさん融資」で初代トップを損賠提訴へ

開業4年弱で経営難に陥っている 新銀行東京は17日、初代トップを務めた仁司泰正・元代表執行役ら を相手取り、損害賠償を求めて提訴すると発表した。外部調査で危機 的な不良債権発生状況に対して抜本策を講じなかったとの結論が出た ためとしている。

ほかに、代表補佐を務めた丹治幹雄・元執行役も提訴する方針。 2人への請求額は、経営者としての注意義務があった期間に実行した 融資の損失額(最低87億円)をベースに今後詰めるという。提訴時 期については「十分な準備が必要」(津島隆一代表執行役)と述べる にとどめた。

同行によると、開業した2005年4月から07年6月までの経営状 況を調査。調査の結果、刑事告訴は見送る。また、関係する取締役7 人には1-2年分の報酬自主返納を求めており、大筋内諾を得たとい う。

同行は東京都から資本金・資本準備金の大半に当たる1000億円 の出資を受けて開業。しかし、一度も最終黒字を計上できないまま、 08年3月時点で累積損失が自己資本の86%に当たる1016億円に膨 らんだ。このため、08年4月、都は400億円を追加出資した。同年 末、行員が関与する詐欺事件などを受けて金融庁から改善命令を受け た。

-- Editor:Hidekiyo Sakihama Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

日本市場 NI JMALL 金融市場 JBN91、 NI JMALL 企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO NI EARN ブルームバーグ記者執筆記事 NI BNSTAFF 日本語トップニュース NI TOPJ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE