ユーロは1.23ドルに急落も、東欧景気悪化の影響で-ABNアムロ

オランダの銀行、ABNアムロ・ ホールディングによると、東欧に子会社を持つ銀行が格下げされる可能 性があるとの懸念が広がるなか、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.23ド ルに下落する可能性がある。

ABNアムロ・オーストラリアの為替戦略ディレクター、グレッグ・ ギブス氏(シドニー在勤)は16日付のリポートで、「ユーロは下落す る見通しで、急落の恐れもある」と指摘。ユーロは1.27ドルまで下げ た後、短期間で1.25ドルに下落し、昨年の安値1.233ドルを付ける可 能性があると予想した。

ユーロはロンドン時間午前6時41分(日本時間午後3時41分)現 在、1ユーロ=1.2633ドルで取引されている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE