金:7カ月ぶりの高値950ドル超に上昇-株安で資産価値防衛の動き

17日のアジア取引時間帯で金相場が 1オンス当たり950ドルを超え、7カ月ぶりの高値を付けた。世界的な リセッション(景気後退)を背景に株安が進み、投資家が資産価値防衛 の動きを強めている。

MSCIアジア太平洋指数は、世界的なリセッション深刻化で資金 調達コストが上昇し、貿易が縮小するとの思惑から過去3週間で最大の 下げとなっている。金価格は、昨年7月22日以来の高値958.50ドルを 付けた。スタンダード・バンク・アジアの貴金属担当マネジャー、エリ ソン・チュー氏は電話取材に対し「株が続落し、金市場には大量の資金 が流入している」と述べた。

金現物価格はシンガポール時間午後1時7分(日本時間同2時7分) 現在、1.5%高の956.24ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX) COMEXの金先物相場4月限は時間外取引で1.7%高の958.6ドルと なっている。

チュー氏は「金は930-940ドルでしばらく値固めしたので、上値を 試すときが来た」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE