日経平均はことしの安値に、金融中心に下落-米自動車の再建動向警戒

午前の東京株式相場は下落。世界 的な景気低迷に加え、17日に予定される米自動車大手の再建計画提出 を控えて信用リスクの再燃を警戒視する動きが広がり、金融株中心に売 られた。三菱UFJフィナンシャル・グループなど銀行株が大幅安、オ リックスが急落するなどその他金融は東証1部の業種別下落率で首位。 運賃市況の下落などから海運も安く、商船三井は7日連続安。

三菱UFJ投信運用戦略部の石金淳シニアストラテジストは、「マ ーケットは、実体経済悪に対し実効性のある対策が十分に出ていないと いうシグナルを発している」と指摘。日本株が底入れするには、「実効 性のある対策ついての議論が高まり、実現に向けて動いているというよ うに見られなければならない」と見ている。

日経平均株価の午前終値は前日比112円68銭(1.5%)安の7637 円49銭と、午前の安値引け。TOPIX終値は11.90ポイント (1.6%)安の758.20。東証1部の売買高は概算で7億456万株、売 買代金は同4243億円と売買は低迷した。値上がり銘柄数は378、値下 がり1159。午後の東証業種別33指数の騰落状況は、ゴム製品を除く 32業種が安い。

日経平均正念場、欧州景気悪化やGM動向

景気と企業業績の悪化に歯止めがかからない中で、米自動車大手の 再建に対する不透明感から売りが増加した。日経平均は09年の取引時 間中の安値を3週間ぶりに更新し、きょう終値で09年安値(1月26 日の7682円)や心理的節目の7500円を維持できるかが注目されてい る。「7400円前後で底打ちしなければ、昨年10月安値を割り込むリ スクもある」(日興コーディアル証券の小柴俊一郎課長)という。

様子見ムードの強さから、午前の売買は低迷。全日立会いでことし 最低の売買代金だった1月19日の午前終了時点(4553億6200万円) を6.8%下回る超閑散だった。

16日は米国株が休場となる中、ダウ欧州株価指数は前週末比

1.4%安の188.67と下落した。英国最大の経営者団体、英産業連盟 (CBI)が09年の英GDPを3.3%減と予想し、昨年11月時点の

1.7%減から下方修正したことなどが響いた。

また、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と同3位クライ スラーは、再建計画を17日までに政府へ提出することを求められてい る。米紙デトロイト・フリー・プレス(オンライン版)は16日、GM の経営再建計画で、政府への提出期限の17日までに全米自動車労組 (UAW)や債権者との調整が終わらない可能性が高まってきた、と報 じた。一方、英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版)は16日、 GMの経営再建計画には思い切った内容の経営目標が盛り込まれると伝 えている。

カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリストは、「経済合理 性からの現実策は企業規模をかなり小さくすることだ」と強調。ただし、 世界的に経済が厳しい状況にあるだけに、「大量の失業者が生まれれば 米経済にどこまで影響が広がるか分からず、日本の景気回復も遅れかね ない」と話す。このため、3連休明けの米国株市場を警戒したリスク低 減目的の株式先物売りが出ていると見ていた。

政策期待で公共工事関連は高い

一方、10-12月期GDPが約34年ぶりの減少率となるなど深刻 な経済情勢を背景として、政策期待から公共工事関連では急伸する銘柄 が続出した。政府・与党は追加経済対策に関連して公共事業の前倒し実 施の検討に入った、と17日付の日本経済新聞朝刊が報道。光ファイバ ー網整備や公共施設の耐震化などが浮上しているという。

恩恵を見込む動きから、東証1部の上昇率上位には日本橋梁や松尾 橋梁、駒井鉄工などの橋梁株、巴コーポレーションや矢作建設工業など の建設株、東亜道路工業や前田道路、NIPPOコーポレーションなど の道路関連株が多数並んだ。住友大阪セメントは、売買代金を伴って急 騰。このほか、急減速する民間受注の下支えになるとして清水建設や大 林組など大手ゼネコンも上げ、ショーボンドホールディングス、横河ブ リッジホールディングス、関電工なども高い。

サンケン電は急落、ブリヂストは3連騰

個別の材料銘柄では、財務リスクの高まりを懸念し、クレディ・ス イス証券が格下げしたサンケン電気が急落。09年12月期の利益急減計 画が嫌気されたパイロットコーポレーション、09年3月期の連結営業 利益が前期比50%減の50億円前後になりそう、と17日付の日経新聞 朝刊が伝えたアマノ、第3四半期累計(08年4-12月)決算の発表予 定日を2月25日に再度延期すると発表したセイコーエプソンも安い。

半面、タイヤの市販用比率が高いことが業績抵抗力になるなどと評 価し、クレディ・スイス証が「アウトパフォーム」へ格上げしたブリヂ ストンは大幅高で3連騰。株価急落などを受けて日興シティグループ証 券が投資判断を引き上げたリサ・パートナーズは前日比12%高と急伸。 漢方薬の予想以上の数量拡大を確認したとし、三菱UFJ証券が格上げ したツムラは大幅反発した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE