米GMが思い切った経営再建目標を発表へ、存続をアピール-FT紙

英紙フィナンシャル・タイムズ(F T、オンライン版)は16日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM) が17日に提出する経営再建計画には、思い切った内容の経営目標が盛り 込まれると報じた。情報源を明示せずに伝えたもので、自動車業界が世 界的に落ち込むなかでも同社が存続可能であることを政治家や納税者に アピールするのが狙いという。

GMとクライスラーは昨年12月、計174億ドルの公的融資を受ける ことで合意した。同紙によると、両社が発表する再建計画では、想定以 上に困難な事業環境が考慮され、追加的な政府支援の必要性が明確に示 される見通しという。

同紙によれば、GMは今後1年半にわたり工場の閉鎖を加速し、販 売ディーラーを削減し、「ハマー」や「サーブ」「サターン」など8ブラ ンドの一部を売却または再編する方針を示す。クライスラーは固定費削 減の目標を38億ドルと、昨年12月時点の31億ドルから引き上げる見通 し。

GMの1月の米販売台数は前年同月比49%減、クライスラーは同 55%減だった。

-- Editor:Keiko Kambara

--* 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE