豪州ヘッジファンド、09年は資金純流入に-オルタナティブ投資協会

オーストラリアのヘッジファンド 運用会社64社が加盟するオルタナティブ投資協会(AIMA)による と、国内ヘッジファンドは2009年に資金純流入になる見通しだ。

AIMAのキム・アイビー会長はインタビューで、海外のファン ド・オブ・ファンズによる解約が相次いだことで、08年10-12月 (第4四半期)に約10本のファンドが閉鎖されたと指摘。ただ、いっ たん第4四半期の償還で投資家の手元に資金が戻れば、この時期を切り 抜けたファンドには3月に資金が流入するとの認識を示した。

アイビー会長は「この期間を乗り切れるかどうかが運用会社の運命 を決める。ここを乗り切れば、3月や4月の資金流入で運用を継続でき る可能性があるためだ」とし、「08年を切り抜け、なお付加価値を提 供できる可能性を示したファンドは、09年に非常に良い位置付けにあ る」と述べた。

豪州のヘッジファンド業界は08年、信用危機に伴う投資家の解約 や当局の空売り規制の影響を受け、過去最大の18%の損失を出してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE