高速道路機構:ディープ・ディスカウント債1000億-発行価格58.3円

日本高速道路保有・債務返済機構(高速道 路機構)が17日午前、日本の発行体として初めてディープ・ディスカウント債 (発行価格が大幅に低い債券)1000億円を起債した。主幹事証券が発表した資 料で明らかになった。

高速道路機構が募集を行ったのは、第43回債で年限は30年。表面利率は

0.5%と超長期の30年債にしては低いが、そのかわりに発行価格も額面100円に 対して、58円30銭と通常の社債と比較して大幅に低い。応募者利回り(複利) は2.505%で、40年国債へのスプレッド(金利上乗せ幅)は、+43bp。

主幹事は、モルガン・スタンレー証券が単独で務め、格付けは、ムーディー ズのAaa、格付投資情報センター(R&I)のAAAを取得する。

Editor:Takashi Ueno

参考画面 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 上野 孝司 Takashi Ueno (813)3201-8696 tueno@bloomberg.net 東京 鞠子 和枝 Kazue Mariko (813)3201-3466 kmariko1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Singapore William Mcsheehy +65-6212-1140 or Wmcsheehy@bloomberg.net

新発債     NI CNI、 NI NEWBON、NI CORPFIN、KINRI、KISAI 起債予定    NI BONDALERT、NI JBY 金融市場    NI JMALL、NI FIN 企業ニュース  NI COS、NI KIGYO 日本語ニュース NI JHEAD、JNEWS、JPALL、NI JAPAN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE