鉛:08年は02年以来の供給過剰、亜鉛の過剰分は拡大-国際研究会

政府や業界団体などでつくる国際鉛・ 亜鉛研究会によると、2008年に世界の鉛生産が02年以降で初めて需要 を上回り、亜鉛の供給過剰は拡大した。

同研究会が16日、ウェブサイトに発表した統計によると、世界の精 錬鉛生産は08年に7.5%増加し、1万9000トンの供給過剰となった。 07年は6万7000トンの不足だった。鉛は電池の原料となる。

世界最大の精錬鉛生産国である中国の生産は15%増の320万トン、 需要は25%増の320万トンだった。2位の消費国である米国の精錬鉛消 費は4%増加した。亜鉛の供給過剰分は08年に19万5000トンと、07 年の4万7000トンから拡大。中国の亜鉛消費は12%増の400万トン、 米国の消費は2.6%減の99万トンとなった。亜鉛は鋼材のさび止めとし て利用される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE