財務次官:日本経済は当面悪化続く-09年度補正、現時点で考えず

杉本和行財務事務次官は16日夕の定 例会見で、昨年10-12月期の国内総生産(GDP)が前期比年率12.7% 減と第1次石油危機直後の1974年以来、約34年ぶりの大幅減少となっ たことを受け、日本経済は「厳しい局面に立たされている。こうした厳 しさを裏付けた」と述べた上で、「当面、悪化が続くとみられる」との見 方を示した。

自民党内から出ている大型景気対策の裏付けとなる09年度補正予 算の編成については「現時点で補正を考えていることはない」と述べ、 08年度補正予算関連法案と09年度当初予算の早期成立と執行の重要性 を強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE