香港株(終了):下落-G7の景気低迷見通しや日本のGDPを嫌気

香港株式相場は下落。7カ国財務 相・中央銀行総裁会議(G7)で、世界的な景気低迷がほぼ今年いっぱ い続くとの見通しが示されたほか、昨年10-12月期の日本の国内総生 産(GDP)が約35年ぶりの大幅な落ち込みとなったことに反応した。

資産規模で香港3位の銀行、東亜銀行(23 HK)は4.1%安。同行 は17日に決算発表を行う。複合企業のメルコ・インターナショナル・ デベロップメント(新濠国際発展、200 HK)は5.4%下落。2008年通 期決算が大幅な赤字になる公算が大きいとの見通しを示したことが嫌気 された。

一方、中国石油天然ガス集団傘下のCNPC(香港、135 HK)は 12%高。同社が増益見通しを示したと、香港英字紙サウスチャイナ・ モーニング・ポスト(SCMP)が報じたことが好感された。

RBCインベストメント(アジア)の武田洋二ファンドマネジャ ー(香港在勤)は、中国と関連地域では景気回復の兆候がわずかながら も見られるが、それ以外では減速しているようだと指摘。株価が昨年の 安値を割り込む可能性は否定できないと述べた。

ハンセン指数は前週末比98.79ポイント(0.7%)安の13455.88 で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.1%安の7560.55。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE