今週の米経済:CPIは1955年以来初の前年比低下、住宅着工減少か

エコノミスト予想によれば今週発表さ れる1月の米消費者物価指数(CPI)は、1955年以来で初の前年比低 下となり、住宅着工件数は一段と減少したもようだ。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査(予想中央 値)によると、労働省が20日に発表するCPIは、前年同月比0.1%低 下が見込まれている。商務省が18日に発表する住宅着工件数は、59年の 統計開始時以来で最少となりそうだ。

連邦準備制度理事会(FRB)当局者の間では、CPIの結果次第で 物価低下の長期化リスクへの懸念が再浮上する可能性がある。物価低下が 長引けば利益が圧縮され、債務返済が困難になる。住宅指標は、オバマ米 大統領が3年に及ぶ住宅不況の進行を食い止めることの難しさを裏付けそ うだ。

レイモンド・ジェームズ・アンド・アソシエーツのチーフエコノミス ト、スコット・ブラウン氏は「デフレの確率が高まっていることを考える と、米金融当局への利上げ圧力はなく、そうした圧力がないことが、追加 的な緩和を容認している」と指摘。一方、住宅セクターが今年1-6月 (上期)に回復する公算は小さいと述べた。

オバマ大統領は住宅着工が発表される18日、住宅ローン危機を断ち 切る戦略を公表する。この計画の焦点は、返済が困難になった借り手が持 ち家にとどまることができるよう、毎月の支払額を削減することだ。

サマーズ米国家経済会議(NEC)委員長は先週、米政府の財政刺激 策と金融安定化策の効果が出るには時間を要し、景気下降が「しばらく」 続くだろうとの認識を示した。

ブルームバーグ調査によれば、1月のCPIは、前月比では0.3%上 昇し、半年ぶりにプラスに転じたとみられる。米ガソリン平均小売価格は 1月には1ガロン当たり1.79ドルと、前月比10セント上昇した。変動の 大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%上昇したもよう だ。昨年12月は同横ばいだった。

労働省が19日に発表する1月の生産者物価指数(PPI)は、ブル ームバーグ調査の中央値では、前年同月比2.5%低下したもようだ。

デフレリスク

エコノミストは、ディスインフレ(インフレ率低下)が明白なデフレ につながる事態を懸念している。景気悪化や景気が物価に及ぼす影響を米 金融当局者がどれほど懸念しているかは、18日に公表される1月の連邦 公開市場委員会(FOMC)議事録に反映されるだろう。

調査によれば、FRBが18日に発表する1月の鉱工業生産指数は前 月比1.5%低下し、過去6カ月で5回目のマイナスとなりそうだ。ニュー ヨーク連銀が17日、フィラデルフィア連銀が19日に発表する2月の各地 区の製造業景況指数でも、製造業の低迷が示されそうだ。

民間間調査機関コンファレンス・ボードが19日に発表する1月の米 景気先行指標総合指数(LEI)は、エコノミスト予想では、前月から横 ばいとなったもよう。昨年12月は同0.3%上昇していた。

                       ブルームバーグ調査

******************************************************************
経済指標            日付      期間    前回実績 予想中央値
******************************************************************
ニューヨーク連銀景況指数  2/17      2月     -22.2     -23.8
NAHB住宅指数          2/17      2月       8         8
ABC消費者信頼感指数    2/17      2/16     -53       -53
MBA住宅ローン申請指数  2/18      2/14     -24.5%     n/a
輸入物価指数(前月比)    2/18      1月     -4.2%     -1.0%
輸入物価指数(前年同月比)2/18      1月     -9.3%     -11.2%
住宅着工件数(万戸)        2/18      1月      55        53
住宅着工許可件数(万戸)    2/18      1月      54.7      52.5
鉱工業生産(前月比)        2/18      1月     -2.0%     -1.5%
設備稼働率                2/18      1月     73.6%     72.4%
PPI(前月比)          2/19      1月     -1.9%      0.2%
PPIコア(前月比)      2/19      1月      0.2%      0.1%
PPI(前年同月比)      2/19      1月     -0.9%     -2.5%
PPIコア(前年同月比)  2/19      1月      4.3%      3.8%
新規失業保険申請件数(万件)2/19       2/7       623       620
失業保険継続受給者数(万件)2/19      1/31      4810      4818
LEI(前月比)            2/19      1月      0.3%      0.0%
フィラデルフィア連銀指数  2/19      2月     -24.3     -25.0
CPI(前月比)          2/20      1月     -0.7%      0.3%
CPIコア(前月比)      2/20      1月      0.0%      0.1%
CPI(前年同月比)      2/20      1月      0.1%     -0.1%
CPIコア(前年同月比)  2/20      1月      1.8%      1.5%
CPIコア指数季調済      2/20      1月    216.816     n/a
消費者物価指数(季調前)  2/20      1月    210.228   211.081
===============================================================
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE