米大統領、住宅危機対策で返済容易な借り換え手法検討中-WSJ

米紙ウォールストリート・ジ ャーナル(WSJ)オンライン版によると、オバマ米政権は差し押 さえの危機に直面する住宅所有者に対し、より返済しやすい条件で の借り換えを認める手法を模索している。米財務省の意向に詳しい 関係者1人の話を基に伝えた。

同紙によると、2月18日に予定される住宅差し押さえ対策の 発表を前に、10に上る選択肢が検討されている。

検討中の1つの案は住宅ローンの金利減免で、これに伴うコス トを政府と住宅ローン会社が折半して負担するもの。米財務省はま た、住宅ローンの借り手に借り換えを許可して金利低下の機会を利 用させることも検討しているという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Joji Mochida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-754 cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE