アイルランド国債のデフォルトリスク上昇、銀行経営難で-タイムズ紙

15日付の英紙サンデー・タイム ズは、アイルランド政府が経営難の銀行支援で追加資本注入を約束した ことを受け、投資家の間ではアイルランド国債のデフォルト(債務不履 行)懸念が強まっていると報じた。

同紙によると、アイルランド国債のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)は先週、過去最高水準に達し、債券投資家の間でアイ ルランドが欧州で最も問題ある国と位置づけられたことが示唆された。 アイルランドが金融機関に約束した支援は、同国の年間国内総生産(G DP)の2倍を超え、同国の銀行の融資残高は同国の経済規模の11倍 強に相当するという。

格付け会社フィッチ・レーティングスによるアイルランド国債の 格付けは「AAA」。CMAデータビジョンによれば、アイルランド国 債のCDSスプレッドは13日、前日比49ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇し過去最高の377bpに達した。これは、フィ ッチが11段階下の「BB」で格付けするコスタリカ国債のCDSスプ レッドを18bp上回る。

CDSスプレッド1bpは5年間の債務1000万ドルに対する年 間保証料1000ドルを意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE