中国株(午前):上海総合指数、上昇-証券株や石油関連株が高い

16日午前の中国株式市場で、上海総合指 数が先週の上昇を引き継いで続伸している。取引高が過去最高となったことを 手掛かりに証券株が値上がりし、原油高を好感して石油関連株も高い。

中国の証券大手、中信証券(Citic証券、600030 CH)と海通証券 (600837 CH)はともに3%余り上昇。国内3位の石油生産会社の掘削部門、 中海油田服務(チャイナ・オイルフィールド・サービシズ=COS、601808 CH) は10%の値幅制限いっぱいの値上がり。米フォード・モーターやマツダと提携 している重慶長安汽車(000625 CH)は自社株買い戻し計画を材料に10%高と なった。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「十分な流動性と 景気回復への期待が引き続き株価を押し上げている」と分析した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動している上 海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前週末比30.63 ポイント(1.3%)高の2351.42。このままいけば終値は昨年8月29日以来 の高値となりそうだ。先週は6.4%高で越週し、週間ベースでは5週連続の上 昇と、2007年10月以来の長期上昇局面となっていた。上海証取と深セン証券 取引所のA株に連動しているCSI300指数は同1.1%高の2425.48。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE