アジア株:下落-日本のGDP落ち込みやG7での景気悪化見通しで

16日午前のアジア株式相場は下落。 昨年10-12月期の日本の国内総生産(GDP)が前期比年率12.7%減 と、1974年以来の大幅な落ち込みとなったのに加え、7カ国財務相・中 央銀行総裁会議(G7)で景気悪化が2009年を通じて続くとの見通しが 示された。

武富士が安い。同社は09年3月期の純損益について、これまでの黒 字予想を赤字見通しに変更した。パレット供給で世界最大手、オースト ラリアのブランブルズも大幅安。08年7-12月期(上期)の利益が減少 した。一方、携帯電話機製造で世界2位の韓国のサムスン電子が買われ、 ハイテク株の上昇を主導。同社は市場シェア拡大を目指していると表明 した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時25分現在、前週末 比0.1%安の81.65。日経平均株価の午前終値は同0.2%安の7763円03 銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE