米国務長官:アジア歴訪で北朝鮮の非核化や金融危機対策を協議へ

クリントン米国務長官は15日、就 任後初の外国訪問となるアジア歴訪の機会を利用し、北朝鮮による核開 発を阻止するための取り組みを協議するとともに、世界的な金融危機へ の対策で各国に協力を求める考えを示した。

クリントン長官は東京に向かう機内で同行記者団に対し、1週間に わたる東アジア歴訪では数万人規模の米軍が駐留する日本と韓国に対し、 米国による安全保障への取り組みと北朝鮮の核開発阻止を確実にするた めの外交努力をあらためて示すと語った。

同長官はまた、今回の歴訪で先週議会を通過した米国の景気対策法 案を日本や韓国、インドネシア、中国の指導者に説明するとも述べた。 同長官は、安全保障から経済、気候変動、核拡散防止の問題について意 見交換する考えを明らかにし、「今回の歴訪の背景には世界的な経済危機 がある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE