コンテンツにスキップする
Subscriber Only

NY金:約5カ月ぶり高値-歳出増でインフレヘッジ需要拡大の思惑

ニューヨーク金先物相場は上昇し、終値ベ ースではほぼ5カ月ぶりの高値となった。政府の歳出増でインフレが加速し、ヘ ッジとしての金需要が高まるとの思惑が背景。

金価格に連動する上場投資信託(ETF)で世界最大の「SPDRゴール ド・トラスト」の金投資は先週、4.7%増加し、過去最大の832.6トンに達した。

ニュースレター「ガートマン・レター」(米バージニア州)のエディター、 デニス・ガートマン氏は「世界の銀行システムへの大規模な流動性供給は、金相 場の押し上げにつながるだろう」と分析した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場4月限 は前週末比13ドル(1.4%)高の1オンス=910.70ドルで終了。終値としては、 昨年8月1日以来の高値となった。一時は918.20ドルと、10月10日以来の高 値を付ける場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE