三菱重:原発機器を増産へ150億円投資、海外受注増を狙う-日経

30日付の日本経済新聞朝刊は、三菱重工 業が原子力発電機器の増産に向け、兵庫県明石市の主力工場に約150億円を投 資し、生産能力を2倍に高めると報じた。生産にかかる期間も約3割短縮し、 2010年代半ば以降に海外で活発化するとみられる原発建設からの受注増を狙う という。取材源は明示していない。

同紙によると、対象となる工場での大型投資は1978年の開設以来、初め て。三菱重工の原子力事業の売上高は現在約2000億円だが、10年後には6000 億円に拡大させ、その7割近くを海外で稼ぐ計画としている。人員も約4500 人から、13年までに1000人増やす方針と伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE