NY原油(29日):ほぼ変わらず、製油業者のハリケーン対策は十分

ニューヨーク原油先物相場はほぼ変わら ず。熱帯性暴風雨「グスタフ」がメキシコ湾に向かって進んでいるが、市場参 加者の間では、エネルギー会社のハリケーン対策が2005年の「カトリーナ」 の襲来時よりも改善されているとの見方が広がった。

ドイツ銀行のエネルギー担当主任エコノミスト、アダム・シーミンスキー 氏は「メキシコ湾岸の石油や天然ガスのインフラは、05年よりもはるかに強 化された。製油業者は洪水対策を改善してきた」と語った。

この日の原油相場は一時、英BPや英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シ ェルがメキシコ湾の掘削装置から従業員を撤退させ、生産を停止すると述べた ことから、最大3.17ドル上昇する場面もあった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物10月 限は前日比0.13ドル(0.1%)安の1バレル=115.46ドルで終えた。