ECBリープシャー氏:最優先はインフレ期待抑制と二次的影響阻止

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メン バー、リープシャー・オーストリア中央銀行総裁は、ECBの最優先課題はイ ンフレ期待の抑制とインフレの二次的影響波及の阻止だとの見解を示した。

29日に退任する同総裁はウィーンで公表された声明で、原油高と間接税や 統制価格の上昇により、ECBは「インフレ期待を物価安定と言える水準に抑 えることに特に留意することが必要になる」との考えを表明。さまざまな立場 のグループに対し「責任ある」行動を呼び掛けた。

ECBは企業が原材料コスト上昇を製品価格に転嫁し、労働組合が生活費 上昇に対応してより大幅な賃上げを求める結果、インフレ傾向が根付く「二次 的影響」の波及を懸念している。リープシャー総裁はそのリスクが増している との認識を示した。ECBの「最重要」責務は物価安定だと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE