中央三井:1万3000人の個人情報を紛失-受託管理する大庄の株主名簿

中央三井トラスト・ホールディングスは29 日、1万3000人の個人情報が入ったDAT(デジタルオーディオテープ)2本 を紛失したと発表した。同社が株主名簿管理人業務を受託している居酒屋チェー ン経営「大庄」の2006年8月4日時点の株主の氏名、住所が記録されていた。

8月1日に中央三井信託銀行のシステム部門で管理台帳と照合した際に、紛 失が発覚。外注先などに送付した記録はなく、広報室の中村剛課長は「過って廃 棄するなど社内で紛失した可能性が高く、外部へ流出した懸念は低い」と話して いる。中央三井は29日付で該当者全員に書面で連絡するほか、専用ダイヤル (0120-569-977)で問い合わせに応じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE