今日の国内市況:日経平均13000円を回復、債券堅調-ドル反落

東京株式相場は、日経平均株価が終値で 9営業日ぶりに1万3000円台を回復した。28日の米国で4-6月実質国内総 生産(GDP)が予想以上に上方修正されたほか、原油先物相場が反落したこ となどが好感され、東証業種別33指数はすべて高い。

トヨタ自動車やソニーなど輸出関連株が高く、三菱UFJフィナンシャ ル・グループやT&Dホールディングスといった金融株の上げが目立った。国 内で定額減税が今年度中に実施されることが決まったと伝わり、午後に相場は 一段高となった。

日経平均株価の終値は前日比304円62銭(2.4%)高の1万3072円87銭、 TOPIXは同35.18ポイント(2.9%)高の1254.71。東証1部の出来高は概 算で17億7925万株、売買代金は2兆299億円。売買代金の2兆円回復は12 営業日ぶり。値上がり銘柄数は1522、値下がりは140。

この日は前日の米国株高を受けて買い先行で始まり、日経平均の始値は 157円高の1万2925円だった。その後は1万2900円台でのもみ合いが続いた が、徐々に先物主導で値を切り上げ、午前10時半過ぎに1万3000円に乗せた。

昼休み時間帯には、公明党の井上義久税制調査会長が、総合経済対策で焦 点となっている所得税などの定額減税を2008年度中に実施することを政府と の調整で決めたことを明らかにしたと伝わった。午後前半の株式市場では目立 った反応は見られなかったが、取引終了にかけて減税による景気浮揚効果を期 待した買い圧力が増し、じりじりと値を切り上げ、この日の高値圏で終えた。

債券堅調、年限長期化の買いで

債券相場は堅調(利回りは低下)。朝方は米債安・株高を受けて、売りが 先行したものの、月末で投資家から保有債券の年限を長期化させる買いが超長 期債などに入ったとみられ、上昇に転じた。新発10年債利回りは1.40%に低 下し、約4カ月半ぶりの低水準をつけた。朝方に発表された重要経済指標の影 響は限定的だった。

東京先物市場の中心限月9月物は前日比18銭安の138円7銭で寄り付き、 直後に137円99銭まで下げ、節目の138円を割り込んだ。その後は、買い戻 しが優勢となり、じり高で推移して、午後2時半過ぎには日中高値138円44 銭まで上昇した。結局、12銭高の138円37銭で引けた。9月物の日中売買高 は3兆2748億円。

現物債市場で新発10年物の295回債は、前日比1.5ベーシスポイント (bp)高い1.435%で取引を開始した。その後は、徐々に水準を切り下げ、午後 1時50分過ぎには2bp低い1.40%と4月18日以来、約4カ月半ぶりの低水 準をつけた。いったんは1.405%をつけたが、その後は1.40―1.405%で推移 している。

超長期債相場が続伸。新発20年債利回りは前日比3.5bp低い2.085%、新 発30年債利回りも3.5bp低い2.285%に低下している。

総務省が発表した7月の全国コアCPI(生鮮食品を除く)は、前年比

2.4%上昇と市場予想(2.3%上昇)を上回り、消費税率引き上げの影響を除く と、1992年12月以来約15年半ぶりに2%の大台に乗った。一方で、8月の東 京都区部コアCPIは前年比1.5%上昇し、市場予想(1.7%上昇)を下回った。

ドル反落、原油反発で一時109円割れ

週末の東京外国為替市場では、ドルが反落。ロシアが西ヨーロッパへの原 油供給を削減する可能性があるとの報道を受け、時間外取引で原油先物相場が 反発したことがドルの重しとなった。ただ、米国の3連休を控え、一方向に持 ち高を傾けることには慎重な向きが多く、ドルは前日のレンジ内での動きにと どまった。

ドルは対円で1ドル=109円台半ばから一時、109円ちょうど割れの水準 まで下落。対ユーロでは1ユーロ=1.4700ドル前後から1.47台半ばまで反落 した。

ドル・円は1ドル=109円台半ばと前日の始値とほぼ変わらずの水準で早 朝の取引を開始。月末の需給動向が注目されるなか、原油相場の反発を背景に 徐々にドル売り・円買いが優勢となり、午前11時前には一時108円97銭(ブ ルームバーグ・データ参照、以下同じ)まで値を下げた。

もっとも、ドルは今週の相場で、108円台後半から押し戻されているだけ に、109円割れでは押し目買いも入り、午後にかけては109円00-10銭付近で 一進一退の展開が続いた。

一方、朝方発表された国内経済指標では、7月の鉱工業生産が予想外のプ ラスとなったほか、全国消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)が事前 予想を上回る伸びとなった。ただ、日本の金融政策については、当面利上げと 利下げのどちらにも動けないとの見方が浸透しており、直接的な円相場への影 響は限られた。

ユーロ・円は1ユーロ=161円ちょうど前後からややユーロ安・円高方向 に水準を切り替えて推移したが、下値も160円64銭までとなった。

ドルは月間ベースでユーロに対して5.3%上昇。対オーストラリア・ドル では7.3%、対円でも1.3%上昇している。

一方、ポンドは月間でドルに対して7.5%下落している。英国の景気後退 懸念が高まるなか、前日には2006年7月以来の安値を更新。この日の東京市 場では対円で1ポンド=200円を割り込み、約4カ月半ぶり安値を付けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE