クボタ:タイの農機新工場の能力を倍増へ-アジア地域で需要が急拡大

【記者:松井博司、菅磨澄】

8月29日(ブルームバーグ):農業機械メーカー国内最大手、クボタはアジ ア供給基地のタイに建設中の新工場で、トラクター生産能力を当初計画の2倍に 引き上げる。2009年3月に稼働予定だが、アジア地域で農民の購買力や農機需要 が予想以上に伸びており、供給力に余裕をもたせることにした。同社農機部門の 責任者で機械事業本部長である林守也副社長が28日、ブルームバーグ・ニュース のインタビューで明らかにした。

能力を増強するのは、クボタがタイの現地資本と共同でチョンブリ県に建設 を進めているトラクターの新工場。当初年産2万5000台規模の能力で工場建設を 進めていたが、同5万台へ引き上げ、建屋や生産設備を確保する。能力増強投資 は数十億円になるという。

クボタはすでにタイでトラクターの販売を開始しているが、販売台数が大き く伸びており、08年の販売台数が生産能力の上限である2万5000台に達すると みている。また、タイ工場をアジア地区の供給拠点と位置付け、ベトナムなどの 近隣国にもトラクターを輸出していく方針だ。このため、タイ以外への供給能力 の確保も必要と判断、能力増強に踏み切ることにした。

農機はクボタの主力事業。農機やディーゼルエンジンなどを含む内燃機器関 連事業の売上高は全体の7割弱を占める。とはいえ国内農機市場は飽和状態。内 燃機器事業の売り上げは04年度に海外が国内を上回って以来、海外事業がけん引 している。

クボタの主力製品はトラクターだが、同事業の海外比率は数年内に8割を超 えるとみている。同社は米国、アジア、欧州の3拠点に分けて海外展開を進めて いるが、日本と同様に米作りが盛んで、日本以上に水田耕作面積が広いアジアに 注力している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE