米民主党オバマ氏が指名受諾演説:「新・アメリカの約束」堅持を公約

米民主党から大統領候補指名を受けたバラ ク・オバマ上院議員(イリノイ州、47)が、28日夜(日本時間29日午前)コロ ラド州デンバーのフットボールスタジアム「インベスコ・フィールド」で指名 受諾演説を行った。

演説の中でオバマ候補は、現政権の「ほころびた政策」を修復し、自らの 政策綱領「新・アメリカの約束」を堅持していくことを公約した。オバマ候補 は同綱領を掲げて27日、正式に民主党から指名を獲得。主要政党からの指名を 獲得した初めての黒人となった。

オバマ候補はスタジアムに集まった約7万5000人の支持者に向け、「今こ の瞬間、この選挙は、21世紀に新・アメリカの約束を守り継いでいく好機だ」 と訴えた。「われわれは、この国を非常に愛しており、過去8年間のような状 況をまた4年間繰り返すのは耐え難いとの思いから、今この場所に集ってい る」と述べた。

オバマ候補は、ケニア人の父親と米カンザス州出身の白人の母親に言及し、 「米国では、自分たちの息子は全力を傾ければいかなることも達成への道は開 けているとの信念を両親は持っていた」と語った。

民主党員は、この演説に高い期待を抱いていた。2004年の民主党全国委員 会(DNC)でのオバマ氏の基調演説が、同氏の指名獲得に弾みをつけたとい えるからだ。オバマ候補は今回の受諾演説を、自らの人となりをより広く国民 に浸透させる機会ととらえると同時に、共和党の候補指名を確実にしているジ ョン・マケイン上院議員(アリゾナ州、71)より、自らが米国を率いるリーダ ーにふさわしいと主張する場にした。

オバマ候補は演説の中で、マケイン候補とブッシュ現大統領との結びつき を指摘。ブッシュ政権の「破たんした政策」が米労働者の富を減らしたと批判 した。また、労働者世帯と小規模企業を対象とした減税の実施と、今後10年で 中東原油への依存から脱却を図る考えを示した。