日本の8月製造業PMI購買担当者指数:統計概要(表)

Markit Economicsが 発表した日本の野村/JMMA製造業PMI購買担当者指数は 次の通り。指数が50を超える場合、景況が「改善・増加」と答えた 購買担当者の数が、「悪化・減少」と答えた数を上回っていることを 示しています。

PMI購買担当者指数は、350以上の製造業企業の購買 担当者を対象に行なった月間アンケートの回答データを基準に 算出されます。

=============================================================================
                   8月    7月    6月    5月    4月    3月    2月
                   2008    2008    2008    2008    2008    2008    2008
=============================================================================
                   --------------------季節調整済指数-----------------------
製造業PMI       46.9    47.0    46.5    47.7    48.6    49.5    50.8
 3カ月平均         46.8    47.1    47.6    48.6    49.6    50.9    51.8
                   ------------------------原指数---------------------------
製造業PMI       43.5    48.1    46.3    45.4    49.1    53.1    49.9
 3カ月平均         46.0    46.6    46.9    49.2    50.7    49.6    49.7
=============================================================================

注:この指数は「増加・改善」の回答率に「変化なし」の回答率の半数を加え て計算されています。 製造業PMI購買担当者指数は次の5つの指数と加重値に基づいて統合 した複合指数です:新規受注数 (30%)、生産高 (25%)、雇用 (20%)、 サプライヤー納期 (15%) 、購買品在庫 (10%)

出典:Markit Economics

野村証券株式会社 金融経済研究所

--編集:Marco Babic