英国債:10年債上昇、英住宅価格の大幅安で-利回り4.48%に低下

英国債市場では10年債相場が上昇。同利 回りは4カ月ぶり低水準に近づいた。8月の英住宅価格が前年同月比で約20年 ぶりの大幅低下となったことが背景。

10年債相場はこのままいけば月間ベースで2カ月連続の上昇となる。英住 宅金融会社、ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーによれば、8月 の平均住宅価格は1990年以来で最大の下落となった。利上げ観測の後退を背景 に、2年債利回りは今月に入ってから27ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)下げている。

10年債利回りは一時、7bp下げ4.43%と、4月16日以来の低水準を付 けた。ロンドン時間午後4時46分現在は4.48%となっている。同国債(2018 年3月償還、表面利率5%)価格は0.13ポイント上昇し103.96。

一方、2年債利回りは前日から変わらずの4.51%。一時は5月13日以来 で最低の4.44%まで低下する場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE