中国・宝山鋼鉄:1-6月は18%増益-製品価格上昇や鋼板需要増で

中国最大の製鉄会社、宝山鋼鉄が28日発 表した2008年1-6月(上期)決算は、純利益が前年同期比18%増加した。 製品価格が上昇したほか、自動車や船舶向け鋼板の需要増の恩恵を受けた。

同社が上海証券取引所に提出した資料によると、純利益は96億5000万元 (1株当たり0.55元)と、前年同期の81億6000万元(同0.47元)から増加。 売上高は前年同期比10%増の1036億元となった。

自動車メーカーや造船会社からの需要増加で、中国の鉄鋼価格は1-6月 に21%上昇した。競合のアンガン・スチール(鞍鋼)や武漢鋼鉄はコスト高を 製品価格に転嫁し、過去最高益を記録した。