インド株(終了):センセックス指数下落-インフレ懸念で銀行株安い

インド株式市場では、指標のセンセックス 30種指数が1カ月ぶり安値まで下落した。エネルギーコスト上昇がインフレをあ おり消費者支出を圧迫するとの懸念が広がった。

資産額でインド2位の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は2.7%安と、 1カ月ぶりの安値をつけた。同3位のHDFC銀行(HDFCB IN)は1.7%下げた。 インフレ率は16年ぶり高水準に達しており、インド準備銀行(中央銀行)が6月 以降で4度目の利上げに踏み切る公算が高まっている。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比248.45ポイント (1.7%)安の14048.34と、7月29日以来の安値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE