杉本財務次官:赤字国債発行はできるだけ避ける考えで対応-補正予算

杉本和行財務事務次官は28日夕の定例会見 で、今年度補正予算編成に伴う赤字国債発行の可能性について「福田(康夫) 首相ができるだけ赤字国債の発行は避けたいとおっしゃっている。その考え方 の下で対応していきたい」との考えをあらためて示した。

その上で「まだ財源をどうするかという具体的な話にはなっていない」と 指摘。赤字国債の発行を回避するための特別会計の積立金など、いわゆる「霞 ヶ関埋蔵金」の活用については「念頭にない」と述べた。