日本株(終了)TOPIXが続落、景気敏感の不動産や機械が連日安に

東京株式相場は、TOPIXが3日続落。 連日で景気敏感株が売られ、経営破たんの相次ぐ不動産株では三井不動産が安 い。原油高に伴うコスト増や世界景気失速による需要減退懸念から、コマツな どの機械株、商船三井など海運株も軟調な展開を強いられた。

TOPIXの終値は前日比4.16ポイント(0.3%)安の1219.53。日経平 均株価は同15円29銭(0.1%)高の1万2768円25銭と3日ぶりに小反発。 東証1部の出来高は概算で13億8795万株、売買代金は1兆4578億円。値下 がり銘柄972、値上がり613。業種別33指数は17業種が下落、16業種が上昇。

ちばぎんアセットマネジメント運用部の長壁啓明ファンドマネージャーは、 グルジア紛争での欧米とロシアの対立が地政学的リスクを高めていることを警 戒しており、「供給に支障が出るとの不安から原油価格の高騰が再燃する可能 性がある。ロシアへの積極投資に動いていた機械や自動車メーカーを中心に、 需要減による直接的な業績への影響も懸念される」と話した。

上昇スタートも続かず、海外勢の投資意欲弱い

この日はTOPIX、日経平均とも上昇して始まったが、日経平均が米シ カゴ先物市場(CME)の日経平均先物9月物の27日清算値(1万2900円) に届かなかったこともあり、朝方の買い一巡後は上値の重さを嫌気した売りに 押された。市場では、「原油高にもかかわらず総合商社株の一角が売られるな ど、資源関連銘柄の感応度の鈍さを見ると、市場参加者の買い意欲の低さがう かがえる」(アイディーオー証券ディーリング部の菊池由文部長)とされた。

さえない相場展開が続く背景には、東証1部の売買代金シェアで約6割を 占める外国人の投資意欲が弱まっている現状も見逃せない。財務省が朝方発表 した「対外対内証券売買契約等の状況」によると、8月17―23日の対内株式 は、差し引き2145億円の資本流出超となり、2週ぶりの売り越しとなった。 東洋証券の児玉克彦シニア・ストラテジストは、近く発表される日本政府の総 合経済対策で、「海外ファンドが日本企業に投資する場合の二重課税の解消に ついては盛り込まれる可能性が低いと見られていることが、外国人の消極姿勢 を助長している一因」と指摘する。

もっとも、今晩からあすにかけて、日米で相次ぐ注目経済指標の発表を控 え、市場参加者の様子見気分は強く、売り圧力も限定的だった。

NY原油先物は続伸

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物10月 限は27日に続伸し、前日比1.6%高の1バレル=118.15ドルで終えた。ロシ ア情勢を巡る地政学リスクへの意識が高まる中、大型ハリケーン「グスタフ」 が米製油所の集中するメキシコ湾に向かって進んでいることが買いにつながっ た。「原燃料コスト上昇に伴う企業業績の悪化を警戒」(東洋証の児玉氏)す る動きは幅広い銘柄に表れ、ホンダなど自動車株、日立製作所など電機株の一 角も売られた。

中小型の建設や不動産が下げ、消費者金融は明暗

東証1部の値下がり率上位には新日本建設、福田組、日本綜合地所など建 設、不動産関連の中小型株が並んだ。リコーの米社買収による競争激化懸念か らキヤノンは大幅に3日続落。消費者金融株ではアイフルが一時ストップ安ま で売り込まれたのが目を引いた。利用者からの利息返還請求が続いている上、 資金調達環境も悪化していることから、「メガバンクの出資を受けていない独 立系のアイフルは相当厳しい状況に追い込まれている」(ちばぎんアセットの 長壁氏)との声が聞かれた。

半面、三菱UFJフィナンシャル・グループが子会社化する方針を固めた と、28日付の毎日新聞朝刊で報じられたアコムが大幅高。再編期待から、三井 住友フィナンシャルグループの出資を受けているプロミスも買われた。米事務 機器販売大手を買収すると発表したリコーは反発。JR東日本やキッコーマン など景気動向に左右されにくいディフェンシブ関連銘柄の一角も高かった。

新興3指数は高安まちまち

国内新興3市場の主要指数は、ジャスダック指数が前日比0.17ポイント (0.3%)高の57.91と小幅続伸。東証マザーズ指数は同3.33ポイント (0.7%)安の456.22、大証ヘラクレス指数は同8.13ポイント(1.1%)安の

733.27とともに4営業日ぶり反落。

合併が決まったデジタルガレージとイーコンテクストは、ともにストップ 高まで買われた。太陽電池関連事業の拡充を目指し、技術提携したプロデュー スとインターアクションも大幅続伸。来期の連結純利益が今期予想比11%増と なるほか、増配公算も大きいと28日付の日本経済新聞朝刊が伝えたプラップ ジャパンも高い。直近上場の成学社は連日の大幅高。半面、中小型不動産株を 売る流れの一環で、新日本建物、ダヴィンチ・ホールディングス、アルデプロ が安い。フェローテック、ケイブ、サイバー・コミュニケーションズも下げた。