三井物産:ニュージーランドの酪農会社を持ち分化、9億円で追加出資

三井物産は28日、ニュージーランドの酪 農会社シンレイの株式を追加取得して持ち分法適用会社にしたと発表した。中 国での牛乳需要の拡大などを受けて、世界的な乳製品の需給ひっ迫は今後も続 くと判断。乳原料の安定的確保を狙う。

三井物産は昨年8月にシンレイに約12億円を出資して資本参加した。約 15億円の融資も実施しており、今回は融資に付随した株式転換権の一部を行使 して、9億円分を再出資。その結果、出資比率は14%から22.5%に高まった。

シンレイが昨年から建設していた乳製品の加工工場は今月稼働を開始。初 年度は全脂粉乳を約3万トン製造し、全量をアジア、中東地域を中心に輸出す る。三井物産はシンレイの輸出代理店として業務を支援する。シンレイは2000 年に設立され、総資産は245億円。

国際的な牛乳価格の指標となるシカゴ商業取引所(CME)の脱脂粉乳相 場は昨年9月に1ポンド当たり2ドル超の過去最高値を付けた。27日の同相場 は1.39ドル。2年前と比べて約6割高い水準で現在も推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE