【個別銘柄】アコム、リコー、グンゼ、大阪チタ、Fリテイリ、石原産

28日午前の日本株市場における主な材料 銘柄の動きは以下の通り。

アコム(8572):前日比12%高の3190円まで上昇。三菱UFJフィナン シャル・グループが同社を子会社化する方針を固めたとの28日付の毎日新聞 朝刊の報道を受け、買いが先行。アコムは三菱UFJの傘下に入ることで、そ の信用力を背景に資金調達の金利負担を軽減し、生き残りを図るという。この 報道についてアコムは「現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表。

リコー(7752):6.8%高の1844円まで上昇。同社は27日、米国の独立 系事務機販売大手、アイコンオフィスソリューションズ(ペンシルバニア州) を買収すると発表した。買収金額は16億1700万ドル(1721億円)で、同国で の販売拡大につながる過去最大規模の買収と高く評価されている。一方、競合 するキヤノン(7751)は5.5%安の4770円と大幅安。

グンゼ(3002):5.1%高の457円まで上昇。28日付の日本経済新聞は、 色素の薄膜をつかった太陽電池の開発状況に関する記事を掲載。同社のほか大 日本印刷、フジクラ、アイシンなどの取り組みを伝えた。グンゼ広報IRチー ムの小松原康道氏によると、フィルムに色素を貼り付ける太陽電池を「色素増 感型太陽電池」と呼び、商業生産する国内企業はまだない。グンゼは2010年 の実用化を目指して「研究開発や用途開拓を進めている段階」(同氏)という。

大阪チタニウムテクノロジーズ(5726):3.6%高の4330円まで上昇。多 結晶シリコンの新工場を建設し、生産能力を大幅に拡充すると発表した。供給 先が確保された中での生産拡大は収益を押し上げるとの期待に加え、増資を伴 わないことも株式需給面で評価された。

ファーストリテイリング(9983):3.6%高の1万890円まで上昇。同社 が展開するカジュアル衣料ブランド「ユニクロ」で、今秋冬の女性向けパンツ で「スリムボトムス」を中心に販売数量600万本を目指す。美しいシルエット や素材などにこだわった新商品を投入し、前年同期と比べ10%増やす。

エス・エム・エス(2175):一時8.3%高の128万円と急騰。9月末の株主 対象に1株を3株に株式分割を行うと発表した。

ぴあ(4337):3.5%高の1200円まで上昇。銀行からの協調融資(シンジ ケートローン)を全額返済したと18日付の日経新聞朝刊で報じられた。融資 の財務制限条項に抵触して継続企業の前提(ゴーイング・コンサーン)に注記 が付いていた原因がなくなることで、経営に対する安心感が広がった。

石原産業(4028):7%高の184円まで上昇。KBC証券は27日、投資 判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

プラップジャパン(2449):4.3%高の750円まで上昇。来期(09年8月 期)の連結純利益は今期予想比11%増の約4億円となりそうだと28日付の日 経新聞朝刊が伝えた。主力のPR事業が外資系企業を中心に伸び、企業のメデ ィア対応支援も貢献する。2円増配し年19円配とする公算が大きいとも報道。

神鋼鋼線工業(5660):9.5%高の230円まで上昇。販売価格の是正と高付 加価値製品の売上高比率の上昇などを理由に、今期(09年3月期)の連結営業 利益予想を従来計画比28%増の22億7000万円に上方修正した。前年同期は 24億3700万円だった。

デジタルガレージ(4819)、イーコンテクスト(2448):Dガレージはス トップ高水準となる12%高の9万3900円買い気配、Eコンテもストップ高水 準となる9.3%高の4万6950円買い気配。両社は27日の取締役会で、10月27 日付で合併することを決めた。存続会社はデジタルガレージで、イーコンテク スト1株に対し、Dガレージ0.61株を割り当てる。これにより、大証ヘラク レスに上場するイーコンテクストは上場廃止となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE